ユニフォーム

ユニフォームの作り方

ユニホームを作る際は、著作権に気を付けて作りましょう。また在庫を大目に作っておくことと、洗濯のしやすさを考えて作ることが大切です。あとは相場を確かめて、適正な値段で作成できる企業にユニホーム作りをお願いしましょう。

衣類

依頼方法について

オリジナルデザインが描かれたtシャツを作る場合、業者を利用するなら、素材の確認は必須です。アレルギーが出ないか、透けないか、汗染みができないかを見ます。他にもデザイン画を送信すれば作ってもらえる、当日仕上げに対応しているなら便利です。

メンズ

おすすめの業者の選び方

クラスTシャツを作成する業者は多数ありますが、業者選びをする際には複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。注文は何枚からできるのか、納品までの日数はどれくらいか、多色使いの場合の費用はどれくらいかかるかなど、さまざまなチェックポイントがあります。

選手

チームのために用意する

ユニホームを一から制作したい時は、まず業者に連絡を入れます。互いににブレインストーミングをする中で作りたいユニホームのデザイン案をまとめていきましょう。その後、見積額を提示してもらい実際の制作に取り掛かります。また制作に当たってデザインや写真を持ち込める業者もあります。

婦人

オーダーした洋服の良さ

既製品の洋服はデザインに優れていても真にフィットする洋服はありません。着飾る上で、洋服がフィットしているかどうかは重要であり、オーダーしたtシャツは真にフィットします。それは、お店において体の細かい採寸を行って作成するためです。オーダーした洋服は大事に扱うことができるので長持ちします。

体育祭や文化祭におすすめ

レディ

オリジナルデザインで団結

体育祭や文化祭など学校でのイベントをクラス単位で競争したり、一致団結して楽しみたいといった時、おすすめなのがクラスTシャツの製作です。オリジナルのデザインやロゴマーク、文字などを入れてTシャツを作成することができ、高校生などの学生さんでも手が届くお手ごろな料金で、他では売っていない世界にたった1つのクラスTシャツが出来上がります。同じクラスTシャツを着用することでクラスのメンバーの雰囲気も盛り上がり、連帯感や絆が生まれ、他のクラスからも羨ましがられたり、「〇組は仲がいいね」「〇組は団結しているね」などと言われ、余計に気分も上がってきます。クラスTシャツを作るのは意外なほど簡単で、手書きなどでデザインを書き、カラーなどを指定して業者に送れば直ぐに試作品を作ってくれます。たとえば、クラスで絵が上手い方が担任の先生の似顔絵を描き、その周りに学年やクラス名、年号やイベントの名称、キャッチフレーズなど好みの言葉や文字を入れてみたり、クラスで募集したロゴマークから選ばれたものをクラスTシャツに入れることができます。写真を入れることもできるので、学校の校舎などのお気に入りのショットなどを転写させることも可能です。枚数が増えるほど1枚当たりの価格もお得になるのが一般的なので、希望者のみといった制作ではなく、クラス単位で作れると安上がりで製作しやすくなります。近くにお店がなくても、オンラインショップで依頼から制作、納品までしてもらえるので安心です。